読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『世界の中心で、愛をさけぶ』

戻ってまいりました。…えーと、感想なんですけど…。id:Liejuさんからもコメント頂いておりますが、果たして参考になるかどうか…(-_-;A
スミマセン、ごめんなさい、申し訳ありませんっ!!!号泣できませんでしたっ_| ̄|○ …な、なんで泣けないの?とワタシもビックリしたくらいです。以前予告で森山未來くんの「助けてくださいっ!」を見ただけで、うるっときてしまったのに、どーして本編で泣けなかったのかっ?!予告見た日から今日までの間に、すっかり心がやさぐれちまった…とか、今は日テレ水10で毎週泣いているから…とか、いろいろ考えたけど、やっぱり原因は大沢たかお柴崎コウだな…。いや、この二人が嫌いとかじゃないんだよ、決して。(ここからちょっとネタバレ)
物語は大沢たかお演じる(大人になった)朔太郎が、高校時代の初恋…朔太郎(森山未來)と亜紀(長澤まさみ)との、淡く切ない思い出を回想しながら進んでいくんだけど…。
高校生の朔と亜紀のカップルは最高に良かった。お互いを好きになっていく甘酸っぱい気持ちが溢れていて、見ているワタシもニコニコしちゃった(笑)。だってこの二人本当に可愛いんだもん。バイク二人乗りしたり、深夜のお墓に行ったり、友達の策略で無人島に一泊、だけど何もさせてもらえなかったり、お互いの名前に相合い傘つけたり(^^)。二人でいるだけで嬉しくて、楽しくて、キラキラ輝いている朔と亜紀。
「そうだよねー、この頃ってねー(≧▽≦)」なんて…ここまではワタシもどっぷり映画に入り込んでいたんだけど…。でも場面変わって現在の朔@大沢になると、いきなり現実に戻っちゃうんだよなー。いきなり冷めちゃうっていうか…朔@大沢や律子(柴咲コウ)のシーンになる度にこっち側に引き戻され、朔@未來くんのシーンになるとまた入り込んでいく…その繰り返しだったんだよね…(-_-)。
亜紀が白血病になってからも、朔はホント一生懸命で…。亜紀を救いたい、亜紀のために何かしたい、という朔の必死さが悲しくて、可哀想で、辛かった…ぐすん。「忘れられるのが怖い」という亜紀のために二人で婚礼写真を撮ったり、副作用で髪の毛が全て抜けた亜紀に「結婚しよう」と婚姻届を持ってきたり。そして無菌室の窓越しのキス…。
亜紀を世界の中心(オーストラリア)に連れて行ってあげたくて、二人で空港に行ったのに、台風のため飛行機は欠航。説明するANAの職員に掴みかかる朔「どうしても行かなきゃいけないんだよっ!」そしてロビーで倒れてしまった亜紀を抱いて「助けてくださいっ!」と叫ぶ朔…ああ、もう未來くんが、まさみちゃんが、演技を超えているくらい凄かった…。゜(T^T) ゜。うるうるっ…ときたと思ったら、スクリーンはまたしても現在の朔@大沢になっちゃうんだもんっ!うぎゃっ/(-_-;)\。朔@大沢が亜紀のことを思い出して泣いても、今イチ感情移入できなかったのね…。柴崎コウちゃんを出演させる為、原作にはいない律子って役を作ったらしいけど、その正体もちょっと出来過ぎっていうか…(-_-;)。あっ、シゲ爺役の山崎努はさすがに良い味出していたけどね。
ということで、タオル地のハンカチを持って行った割には、使わずに帰ってきてしまったワタシです。まったく参考にならずにすみませんっm(_ _;)m
TV版はもちろん見るつもりだけど、朔=森山未來くんから、朔=山田孝之くんに脳内でこだわり無く変換できるかちょっと心配。