読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

 SHINKANSEN☆RS『メタルマクベス』 青山劇場

舞台

原作:ウィリアム・シェイクスピア
脚色:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
出演:内野聖陽松たか子森山未來北村有起哉橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと上條恒彦/右近健一/逆木圭一郎/河野まさと/村木よし子/インディ高橋/山本カナコ/礒野慎吾/吉田メタル/中谷さとみ/保坂エマ/皆川猿時冠徹弥/村木仁/川原正嗣/前田悟  ほか
Metal Macbeth Group(岡崎司/guitars 高井寿/guitars 前田JIMMY久史/bass
岡部亘/drums 松田信男/keyboards 松崎雄一/keyboards)

いつものように、筋を追った感想、舞台の考察や物語に対する解釈など、レビューと呼ばれる文章は一切書いてません(え)。ワタシにソレを望んじゃダメダメっ(ウインクしながら人差し指を振る)。
すんばらしかったっ!面白かったっ!観て良かったっ!。これぞエンターテインメント。全編ワクワク、ゾクゾク、ジーン、うわーん(涙)、そしてわははは…で、できている舞台(なんじゃソレ)だった。
シェークスピアにも疎く(直前にマクベスのあらすじを読んだだけ…師匠、ごめんっ)、メタルにも疎く、ついでにミュージカルもあんまり…というワタシでも、おつりが来る程楽しかった。今回は、役者さんたちの表情も十分観ることのできる席だったのも良かった。
出演者は皆芸達者な人たちばかり。その中でも特に松たか子嬢にガッツリやられた。スッゴイよ、この人(みんな知っている)。松たか子嬢の歌って「あ〜した春がきたら〜♪」(古い?)みたいな感じの曲しかイメージになかったから、あのカワイイ顔や華奢な身体から、あんなにドスの利いた声が出るなんて、吠えるような歌を聴かせてくれるなんて…と、ホント驚きました。
そして台詞回しも上手いっ。早口なのに声が通ってしかも滑舌が良いのか台詞がとっても聞き取りやすい。とにかく台詞が聞き取れないと、どんなに演技が上手くても観ているこちらとしてはストレスが溜まって面白さが半減しちゃうから勿体ないんだよね。お松さんの台詞回しは素晴らしかった。
中盤から後半にかけて、ランダムスター夫人@お松さんが少しずつ精神を病んでいく姿も、台詞の抑揚や目線などから感じることができた。ああ、こうして物語が悲劇へと進んでいくんだなぁ…と切なくなりました。
しかし、ただ切ないだけじゃないのが新感線の舞台。ランダムスターと夫人の重苦しく切ないシーンの次には、轟天…いやエクスプローラー@じゅんさんがリアルに吐く人(by細かすぎて伝わらないモノマネ)だったり、カヲル…いや門番さん@猿時さんがお尻出したり…ぶっちゃけ緩急つけすぎじゃね?ってくらい、哀しみと笑いが同居している不思議な舞台だったなぁ。
そして忘れちゃならないのが、未來くん。スゴイよ、この子。踊れるし歌えるし演技も上手いし、このレスポールJr./元きよし役じゃ出番的にちょっと物足りなかった感があります。できれば彼を主役にした“NEXUS=次世代新感線”シリーズが観たいっ!と思った。"荒神"みたいな痛快娯楽冒険譚、ハマると思うんだけどなぁ。
嬉しかったのは、一緒に行ったオットがとても楽しそうだったこと。いつもは「○○行く〜?」と聞くと「う〜ん、都合がつけば行ってもいいよ」と言うオットをほぼ強引に連れて行く感じなんだけど、今回は「メタルマクベス」の「メタル」部分に反応して(笑)自分から行きたいと言った舞台でした。
そして舞台が始まると、永遠のギター少年(おぃ)のオットとしては、各役名やそれに伴う小ネタがわかるってのが大きかったようで(ワタシには?の部分も)、今まで一緒に行った舞台の中でも一番喜んでいた気がするんだよね。うひひ。
舞台が4時間はちょっと長い(腰が…)けれど、楽しかった!観て良かった!って思わせてくれる舞台でした。さて、次は『Cat in the Red Boots』、その後は『朧の森に棲む鬼』とお楽しみは続くわけだけど、その前にまずはチケット争奪戦ですなぁ(涙)。