読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『ザ少年倶楽部 プレミアム』この回は消せねぇ

「たるみ保存フォルダ」行き決定だよ(最近少クラ消せないのばっかりなんだもの)。太一くんとのトークゲストは長瀬智也くん。
役者・長瀬くん好きなワタシは、実は彼の所属するTOKIOのことはあんまり知らなかったりする。TOKIOに入ったとき太一くんが一番怖かったとか(なるほど)、CDが売れなかった頃の話とか、ファンからの心ない手紙や言葉を受けたときのこととか、各メンバーに対する想いとか、いろいろ話が聞けて面白かったですよ。その中でも、長瀬くんにとっての音楽とお芝居に対する考え方ってのが印象深かった。
「ドラマの台本は(音楽で言うところの)テンポだと思っている。共演者それぞれが(ギターの音が○○さんのキャラで、ドラムの音が△△さんのキャラとか)そのテンポに合わせて物語を作っていく。そして見ている人に感動を与えたりする(注:たるみ的勝手なまとめ)」なかなか上手いこと言うじゃん(笑)。彼にとっては、音楽もお芝居もスタンスは一緒なんだね。ワタシは彼の芝居感って天性のモノだと思ってたんだけど、音楽をやってきたことがますます感性を鋭くさせていったのかもしれないなぁとか思ったですよ。
それと今回は、長瀬くんに対する山下智久くんと岡田准一くんからのメッセージもあったりして豪華でしたよ。へぇー、長瀬くんって彼らのドラマデビューに立ち会っていたのねっ?!(無知)。山P×長瀬くんは「IWGP」で知っていたけど、岡田くんとの「D×D」は残念ながら見てないんだよなぁ。
岡田くんから「芝居を好きにさせてくれたのは長瀬くんです」って発言もあったよ。そっかー、ワタシが今、役者・岡田くんを見ていられるのは、彼を芝居好きにしてくれた長瀬くんのおかげだったんだ。ありがとー、長瀬くんっ!(笑)。役者・長瀬くんも役者・岡田くんも大好物なワタシとしては、なんだかちょっと嬉しい。だから一日も早くT&Dパート2を(違)。
そーいえば、長瀬くんが彼らのこと話すとき、岡田くんのことは呼び捨てで「岡田」なのに、山Pのことは「山ピー」って言うのがなんか可愛かった(笑)。
そして、ステージレポートでは松潤くんまで登場!。「白夜の女騎士」をやったことで起こった内面の変化とか吐きそうな程の緊張感とか、蜷川さんに対しての気持ちとか、いろいろ話が聞けたですよ。
で、次回のゲストはなんと森田剛くんですって!。お芝居の話とかいっぱい聞きたいぜ。これも見逃せないですぞ〜。