読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『噂の男』作:福島三郎 潤色・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:堺 雅人/橋本じゅん八嶋智人山内圭哉橋本さとし/猪岐英人/水野顕子
面白かったー!…っていうのか、唸らせられたー!…っていうのか、イタタタタ…(泣)っていうのか。とにかく本も凄いけど役者もスゴイっ!。2時間以上座りっぱなしだったけど、そんな時間を感じさせないほどの濃い空間。ラスト暗転になった瞬間に思わず胸に手を当てて「うわぁ…そう来たか…イタタ…でも、ブラボーっ!」って感じ。
「わはは」「じーん」「どっかーん」「あー、面白かったねー」の単純明快舞台も好きだけど、こんな風に終わってみるとほとんど救いようがない物語で、でも本の面白さと役者の力量のおかげでそんなに後味は悪くない、かといってスカッとするわけでもなく、でもなぜかとても充実した気持ちで一杯になる、そんな不思議な感覚(わかりにくいッスね)でした。まぁひと言で言ってしまえば"いやーな男たちのいやーな舞台"なんだけれども(笑)。
たくさん笑ってたくさん引いて。一番(座席にへばりつくほど)引いたのは「喜怒哀楽をすべて笑顔で表現する奴(byじゅんさん)」の「キュビズム!」姿…(涙)。しかし山南スマイルは舞台でも輝いておりましたですよ。