読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

コスメ

ふふ…ワタシにしては珍しい話題。「コスメ」なんてエントリ、女子っぽいでしょ?(おバカ)。ダラダラと長いのでたたみますけど。
普段ほとんど外出しない=お化粧しないワタシですが、とうとうファンデーションが無くなってしまい(いつの…)、せっかくだから今まで使っていたのじゃなく新しいのにチャレンジしようと化粧品コーナーに行ってまいりました。ここんとこ資生堂エリクシールの半練りタイプ(いぇい!しっとり&カバー力絶大)だったんだけど、この間薬局でマキアージュのファンデ試供品を貰って試したところ、お顔につけたときの軽さとその後の化粧崩れのなさと香りの無さに惚れまして*1、たりらりらんらん♪と資生堂に行ったわけです。
BAさん*2に、「マキアージュのファンデ欲しいんですがっ(鼻息)」と勇んで言ったんだけど、しばらくワタクシめの顔を凝視し、カルテを見た後「お客様にはマキアージュよりエリクシール・シュベリエルのパウダーの方が…」と別のを薦められました…えっと…もしかしてマキアージュって年令制(略)。実際は、マキアージュよりもエリクシールの方がカバー力があるからいろいろ隠せますよ?、ということなんですけどね…現実ってなんて残酷っ(涙)。もちろん素直でよい子のワタシは薦められたファンデーションを買って帰ってきましたけどもね…ふふ。
あと、先日銀座・三越に行ったときに「お時間ありますかー?」とキャッチされて、のこのことエスティローダーのお化粧体験しちゃいまして、プロのメイキャップアーティストの兄さんにとてもキレイに(当社比)してもらいました。その時に「お化粧品全品は買わなくて良いのよ、一点だけ(強調)でいいの」と言われてつい買っちゃった限定品のチーク。実のところ使い方がいまいち良くわかりません(ちゃんとやり方を見てない)。口紅を太くしたようなスティックタイプのチーク。そのまま頬に塗るのではなく、彼は指に取って使っていたようなんだけど、ワタシがやってもなんか変。付けすぎると神奈月*3の新庄選手みたいになっちまう…ああ(汗)。これ一本持ってエスティローダーのBAさんとこ行って教えを請うのもなんだかなーって感じ。きっと帰る頃には別の商品も手に持って泣きべそかいているような、そんな気がする小心者のワタシでした(今どき強引なセールスはないけれどね)。
それにしても化粧品って奥深いよね。洗顔→化粧水→乳液→ベース→ファンデという単純な道をずっと歩んできましたが、この間メイキャップして貰ったときに顔に付けた化粧品の数がハンパ無かったッス。ファンデの前にコンシーラ、そしてプレファンデ、やっとファンデかと思ったらリキッドとパウダー両使い、眉はキレイに整え、アイシャドウも二色三色当たり前のグラデ使いとハイライト、チークも二色使いは当たり前、保護するマスカラベースも使ってその上に伸ばす・増やす・上げるの高機能マスカラの重ねづけ、そしてキラキラパウダー…ああっ、書いているだけでとっても疲れるよう。面倒くさがりのワタシにはもうギブアップでございます。だけどそうやってみんな頑張ってキレイになっているってことなのよね。街を歩いていてもキレイな女子がたくさんいるもんなぁ。まるで雑誌からでできたみたいな…あ、あとレフ板持って歩くってのもありかも(無い)。

*1:敏感肌なので本当ならファンデーションもノンケミカルにした方がいいとは思うんだけど、たまにしか使わないからいいかなぁ…と。その代わり、シャンプーとか洗顔・基礎化粧品、ベース(日焼け止め)とお粉はできるだけノンケミカル寄りにしております。だけど最近、もしかして気にしすぎが一番悪いのかも…と思ってきた。アルコールがキツイと顔が赤く痒くなるけれど、それ以外だったら別に問題ないんじゃないかなぁとか。

*2:それにしてもこの呼び方に慣れないなぁ。だってワタシの若い頃は美容部員さんと言っていたよ。そーいえば当時MFにいた友達が強引な売り上げで全道1位になったとか…そんな時代でしたねぇ…(遠い目)。

*3:ものまね芸人