読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『トランスフォーマー』わはは(なぜ笑う)

映画

月曜日・カップルだとひとり1000円デー、ということで夜にちょろっとシネコン行ってきました。ええ、映画の選択はオットの趣味です(笑)。でもね、意外と*1面白かったですよ。以下閉じときます。
あらゆる機械に姿を変えられる金属生命体(トランスフォーマー)が変形していくさまはさすがに凄かった。ちょっとワクワクしたのは内緒。それ以外のストーリーはアレですが…。ロボットたちに表情があったりなかなかお茶目だったり義理人情に厚かったりして、その辺は楽しめたけれど。なんたってアメリカの国防チームがちょっとねー。国防長官はあんなに軽く自分の判断だけでは動かないだろうとか、戦いが終わった後は速攻で掌を返して彼ら(正義のロボットたち)を捕獲し絶対軍事目的で研究するに決まってるとか、同様にアメリカはあんなにステキな使い方ができるキューブは渡さないだろうとか、ハッピーなラストだったのにそういった大人の汚い考えがワタシを襲うんだもの(笑)。ラストの大戦闘だって、それまでは人里離れた極秘の研究所にいたのにわざわざビル街まで逃げてくる必要が?とか思ったよ。あんな大きなロボットたちが戦うんだもの、そりゃビルも人も破壊されるわさ。ま、映画だから見せ場を作る必要があるってことで仕方ないか(結局ソレ)。しかし何もない空間を見ながら演技する俳優も大変だろうなぁ、これからもひとり芝居の上手い俳優さんが必要になっていくんだろうなと、そんなことを考えながら帰途についたのであります。

*1:失礼だよ。