読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『THIS IS IT』駆け込み

映画

 昨日行ってきた。
 映画が始まってすぐに涙がぼろぼろこぼれて困った。だって初っぱながダンサーたちのインタビューなんだもん。彼らはあこがれのマイケルと同じステージに立つことが夢で、すんごい努力してすんごい倍率のオーディションを通って、そして夢を掴んでマイケルと同じ舞台でリハーサルを繰り返していたんだよね。やっとマイケルのファミリーになることができたのに…。あの日彼らはマイケルの訃報をどう受け止めたんだろうか。もう少しで夢が叶うところだったのに、彼らの夢はそこで絶たれてしまったんだ…。そう思うと哀しくてたまらなかった。
 映画はホントに素晴らしかった。PVや賞の舞台で観る、完成されたマイケルとはまた違う。映像なんだけど観たことのない生身の彼がそこにいた。素顔のマイケル・ジャクソンに会えた気がした。間奏の長さやテンポについてスタッフに指示をだす。デュエットするコーラスの子との間合いを指示したり、ギターの子の見せ場を作ってあげたりするマイケル。自分のコンサートを完璧にするために自らプロデュースするマイケルを観ることができた。こんなに完璧を求めていたマイケル。こうやって(マイケルにとっては)完璧じゃないリハ映像が全世界の人たちに観られるなんておもいもよらなかったろうな…なんてちょっと思ったり。
 そして、100%の声量で歌っているわけではない*1はずなのに、なんら変わらない声。リズムを刻む身体。完璧なダンス。何度も観たPVとまったく同じ動き。バックダンサーとの見事な一体感。これはリハ?いやこれは正真正銘ライブだよ。ここまでできていたのに、このパフォーマンスをファンに披露することができなくて、マイケルはホントに心残りだったろうな…そう思うとまた泣けてきて仕方なかった。
 大好きな『Smooth Crimina』の新しい映像*2が観られたのも嬉しかった。なるほど〜、そこからあのPVのシーンにつながるのね〜なんて勝手に想像したり。あ、『スリラー』も、新たに3D版でゾンビたちを撮ってたんだ…へえ〜。
 スワロフスキーをこれでもか!って付けた衣装を着たマイケルも観たかったなー。スタッフは口を揃えて「マイケルのために」って言う。一流のスタッフがマイケルのために一流の仕事をして、マイケルは彼の素晴らしいパフォーマンスを心待ちしているファンのために完璧なステージにしようとしていたことが、映画からがっつりと伝わってきたよ。
 冒頭で、ダンサーたちの夢が絶たれたことに涙したワタシだったけれど、何度も繰り返されるリハーサル風景を観ているうちに、そんなことは無いんだよなーって思った。確かに本番で、オーディエンスの前で、マイケルと一緒のステージに立ってパフォーマンスを魅せることはできなかったけれど、でもリハでは憧れだったマイケルと同じステージ上に立つことはできたんだもんね。マイケルの完璧なパフォーマンスを間近で観ることもできた。それだけでも彼らにとってはすんごい財産になったんだよね。そしてこの映画によって、彼らダンサーの姿も世界中の人たちに観てもらえることになったから。今までの努力が報われたと思う。
 実際にこの記録をドキュメンタリー映画にすることで、裏にどのような思惑があったとしても、誰かの利権がどう働いたとしても、ワタシたちがこのタイミングでこれを観ることができたことには素直に感謝したい。ホントにありがたいと心から思った。DVDが出たらもちろん買いっ!。何度も繰り返して観たいシーンがたくさんあるんだ。
 希有な才能の持ち主。まさしく天才。天に召されるには早すぎ。もっともっとあのパフォーマンスを観たかったなぁ…。

*1:本番に向けて温存するため?

*2:コンサート用の映像