読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

阿部寛×東野圭吾、タッグで“JIN超え”

news

 俳優、阿部寛(45)が4月スタートのTBS系連続ドラマ「新参者」(日曜後9・0)で初めて刑事役で主演することが9日、分かった。
 原作は人気ミステリー作家、東野圭吾氏(52)の「加賀恭一郎シリーズ」の最新作。昨年9月の発売から半年間で38万部を売り上げた。同局系「流星の絆」(08年)やフジテレビ系「ガリレオ」(07年)など、数々の原作本がドラマ化された東野氏と、TBS系「ドラゴン桜」などのヒットを飛ばした阿部は、今回が初コンビとなる。(SANSPO.COM

 うわあ!ドラマ化早っ(汗)。『新参者』は本屋でしばらくの間「買おうかなー、どーしようかなー…やっぱハードカバーは高いから文庫になってからでいいや」と思って買わなかった作品なのだ。
 しかし、ドラマは楽しみ。『流星の絆』は原作が手元にあったけれど我慢して読まずにドラマを見たから、あれだけの感動があったのかもしれないし(いや、役者と脚本のおかげかも?)…やっぱりドラマ終わるまでは買わないでおこうっと。
 そーいえば阿部ちゃんの刑事役ってあんまり印象がないよね。でかくて眼光鋭いからなぁ。似合うっちゃ似合うよね。