読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『S -最後の警官-』全話

 うう〜ん…(察してください)。なんでしょ?なんだろ?この気持ち(笑)。なんかね、一言で言うと「ひっじょーに勿体ない!」なんだよねー。キャストも特殊捜査班という内容も非常に好みなのに、見終わった後「うう〜ん…」て、なに?ww。
 香椎隊長(大森南朋)、蘇我綾野剛)、正木(オダギリジョー)、横川秋(土屋アンナ)、そしてラスト2話だけだったけど林イルマ(新垣結衣)…こんだけの(ワタシ好みの)キャスティングで、それぞれの見せ場、例えば秋がオダジョにボコられたり、蘇我がちょっとだけお茶目だったり、香椎隊長には一生ついて行きたかったり、Mこと正木オダジョの悪役っぷりがたまらなかったり(ハァハァ)、それぞれなかなかステキだったのに、全体として見るとやっぱり勿体ない感がパないです。
 全体として大味な感じがする。SATとNPSとの対立が画一的で、特にSATの人たちの脳みそ筋肉的な台詞がさぁ。こないだ助けてもらったのにやっぱり会えば罵声でうるさくてうんざりでしたw。主要人数多すぎてそのほかの人たちの背景描ききれないってのはあるのかもしれないけど。まぁ、初っぱなの神御蔵(向井理)が拳でアパートの壁ぶち抜いたところから「あらら…?」とは思ってたんだけどさ。
 ちなみに、この連ドラ中『横道世之介*1観たんだけど、蘇我よりもゲイの加藤の方が綾野くんが生きていた気がする。あ、でもイルマと蘇我とのツーショットで「リカと空井だぁぁぁぁ(涙)」と静かに興奮していたのはワタシです。はい。ww
 そんで映画化ですか…そうですか…。
追記:今、自分の一話目感想を読んだら◎だったようです。1話目と最終話までに、ワタシとこのドラマの間にそんな深い溝ができてしまっていたのね…と感慨深いものがww。

*1:ものすごく良い映画だった。原作既読。普通原作読んで感動してその後映画を見ると「うーん、やっぱり小説の方が…」って思う方が多いんだよね。でもこの作品は映像も素晴らしかった。キャスティング秀逸。こないだ観た『舟を編む』も良かったなー。