読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』ここまで

ドラマ

 実は好きです、このドラマ。被害者・加害者問わずに死者と話ができ、尋問したり一気に犯人の特徴や名前まで教えてもらえるという、刑事としてのスペックが半端ないわけで、一件落着ww。しかしそこはリアルも追求しなきゃなので、現実に逮捕するためには皆が納得する証拠が必要なので、それをつかむために単独で石川(小栗旬)が頑張るわけですね。
 この石川の、あまり表に感情を出さない感じ、淡々と演ずる小栗くんがとても好きです。スラッとしたスーツ姿も格好いいし、前髪下ろしてたいして笑わない小栗くんに久しぶりに(え)惚れます。
 赤井(古田新太)に仕事を頼んでいるくせに、常に上から態度を崩さないとことか、サイモン(浜野謙太)とガーファンクル(野間口徹)には、なんだかちょっとした愛情(お菓子の袋を捨ててあげるとかww)を感じるところとか。検視官・比嘉ミカ(波瑠)の辛辣なツンツンな感じも好きです。ずっとこの感じを通して欲しい。
 それにしても、常に石川が犯人を特定して、独断で捜査して逮捕しているわけで、上や周りも「あれ?」「誰この犯人」「つーか、なんでわかったの?」「もしかして証拠後付け?」的なことになって問題になったりするでしょうよ!…なんて野暮なことは言いっこなし(笑)。そこには「なんとなーく変だな…。石川も違法捜査しているみたいだし……、でも犯人も逮捕できたことだしめでたいし、まぁいいか!(笑顔)お疲れーっ(忘)」的な上司・市倉(遠藤憲一)がいるので万事問題なし…と考えましょう(違)ww。