読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『カルテット』ですよ。

ドラマ

 そう、皆の心を揺さぶり震えを誘発し闇の中に誘うあのドラマのことです。正直今期はこのドラマだけ見てればいいのかなって思うくらいの良作・秀作でIntel入ってる坂元センセはホントに凄い。凄すぎて見終わった後あまりにも濃い余韻に浸り他のドラマ見られないからねw。

 今週の6話は泣いた。二年間の夫婦の静かなすれ違いをあんなにじっくり見せられたらそりゃ泣く。真紀(松たか子)さんと夫さん・幹生(宮藤官九郎)、見ている人それぞれどちらかに思い入れがあるとは思う。幹生の気持ちもわからなくはないけれど「言えよ」って思っちゃって。唐揚げレモン嫌なら言えよ。お気に入りの詩集鍋敷きにされたら怒れよ。って。うん、でもわかる。言えない時もある。ワタシも飲み込んじゃう系でもあった。言っても仕方ないって勝手に決めつけちゃうとこある。真紀さんの良く言えばマイペース、悪く言えば無頓着?デリカシーの無さ?もワタシにもある。日常が安泰すぎて、相手の気持ちを機敏に読み取ることができなくなってるとも思う。でも幹生の身勝手さにはやはり怒りを覚えてしまう。自分で勝手に飲み込んで我慢に我慢を重ねてある日逃げるだなんて。…ってことは、つまり真紀さんも幹生もワタシの中にいるってことだ…と気がついてまた涙する。

 あの4人の不安定な不確かな関係も5話まで進むうちになんだかとても心地よくなっていて、特にすずめちゃん(満島ひかり)の気持ちが徐々に真紀さんに傾いていくのを見ていたらホントにすずめちゃんが可愛くなっていて、5話ラストで淀君・有朱ちゃん吉岡里帆)の悪魔のような暴露シーンでは、それを聞かされている真紀さんのことよりも、どんどん小さくしぼんでいくすずめちゃんが可愛そうで可愛そうでたまらなかった。ワタシがそこにいたら朱ちゃんをひっばたきたかった。でもすでにダークサイドに落ちてる有朱ちゃんはひっぱたかれてもあの目が笑っていない笑顔で「どうして私が叩かれるんですか?」って言うんだろうなぁ。

 で、6話ラストよ。ワタシ叫んだよね。泣いたり叫んだり忙しい回だったよねっ!(鼻息)。朱ちゃんベランダから落ちるって、いや、落とされるって、何その超展開。幹生、退職金使い果たした後コンビニ強盗未遂して殺人犯て。いや、その前にすずめちゃん縛り上げてたし。なんか頭が追いつかなくて叫んだ人多いと思うよw で、そんな大事な時に別府くん(松田龍平)は会社の倉庫に閉じ込められてて、家森くん(高橋一生)は猿探してんだよ?10万円もらうためにww 巧いなぁこの展開。事件は軽井沢別荘で幹生・すずめちゃん・朱ちゃんで発生し、そこに真紀さんが帰ってくる…野郎2人は後からそれにどう絡んでくるのか…あ゛あ゛あ゛あ゛…取り急ぎ7話まだですか?w

 おまけ:エンディングの一生くんの「いっさいがっさい」にやられている人大勢いるに百万点。