同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『みんな昔は子供だった』第2回 うわっ!!大発見(遅いけど)

あ、あのさっ、山村留学してきた子供たちの中にいる、今時の小学生・若槻モモ役の伊藤沙莉ちゃんって、「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」のナツキちゃんだよねーっ?
いやだー、前回は全然気がつかなかったよ。実は好きだったんだ、この子。とっても難しい役でさ、子役なのに大人の役(変な表現だ)を上手にこなしていたんだよね。大人の俳優顔負けっていうか、ワタシはあのドラマであの子が一番印象に残っているもの。ひくーい声で落ち着いた話し方するんだよね。今回もモモちゃんの声を聞いて、随分低い声の女の子だな…って思って、「…あれっ?」…じーっと顔を見たら「あっ、ナツキだっ!!」。これはちょっと楽しみが増えたかもしれない。この子のエビの回が待ち遠しいですよ。
後はやっぱり時任にーさんそっくりの龍平くん(深澤嵐)が可愛い。ナレーションも味があっていいんだよね。そして笑うと可愛いんだよこれが。みそっ歯でさ(笑)。…ああ、こうやって子役にハマると、ドラマが終わる時が寂しいんだよね〜ぐすん(まだ2回目だよ)。
決して出しゃばらない佐上柾(瑛太)の立ち位置もいいよね〜("▽"*)。教員免許を持っているけどあえて教師にならない…これが柾の抱えている問題なのかな。それにしても瑛太くんを見ていると、自然とニヤけるのは何故?(しらねえよ)。
お話の進み方がとってもゆる〜いので、ちょっとかったるいところもあるんだけど、ふたりの子役と瑛太くんウォッチングで、これも見続けること決定かなぁ(そんなことで)。わはははは。
あっ、アイ子先生(国仲涼子)のことなんにも書いてないや。うーん、相変わらず笑顔ですなぁ(笑)。