読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

あーあ

不思議な少年(7) (モーニング KC)

不思議な少年(7) (モーニング KC)

 今日、久しぶりに美容室へ。予約の時間までちょっとあったので、本屋に寄ったら平積みされてて買っちゃった。ワタシ、もともと美容室では女性誌や週刊誌を渡されても一切見ないので、今までは小説持ち込み派だったんだけど、ほら、最近は、アレかけなきゃ、字が見え…うううう(涙を堪えきれない)。でもさー、カラーやカットの時にメガネって邪魔じゃない?だからマンガなら裸眼でなんとかなるかなーと思い、初コミックス持ち込み。
 眼鏡かけないとすんごく疲れるけどまぁ読める。んで、楽しく読んでたら美容師さんからすかさず「マンガですかー」「マンガお好きなんですかー?」と。「あ、マンガ好きなんですよねー」まではイイよね。でもその後は過去の小説編の時と同様に「誰のマンガですか?」と聞いてくるので「山下和美先生の」と答えるとニコニコしながら「…知らないですねー」…。「ええと、"天才柳沢教授の生活"とかドラマにもなったし有名だけど」「…全然知らないですー。実はあんまりマンガ読まないんですよねー」「あ、そうなんですか」…………話続かず……(汗)。
 興味がないなら「誰の」とか聞かなくてもいいんじゃないかと思うんだけどなぁ…。もちろんそれは、お客との会話を盛り上げようとする美容師さんのサービスなのかもしれないけれど、結論が「読まない」とか「興味ない」なら逆効果かと思うんだけどなぁ…。お客が話したくなさそうなら察して必要最低限しか話しかけないのが一番良い気がするんだけどなぁ…。美容室に行くといつもそう思うのです。あ、マンガはとっても素晴らしかったですよ(つけたしかよ)。