読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

長瀬&クドカン5年ぶりタッグ!…TBS系「うぬぼれ刑事」

長瀬&クドカンドラマ キターーーーっ!! 待ってた待ってた待ってたよっ!!。嬉しくて思わず全文引用してしまったw(長いので後で縮めます)。磯Pとクドカンと長瀬くん…ああ、嬉しすぎて泣く。
 しかも共演者に斗真くんの名前も。長瀬くんと斗真くんの共演なんて夢のようだ。うふふ。うふふ。うふふふふふふー(小躍り)。別記事には西田敏行さんの名前もあったよ。
 なに「うぬぼれ刑事」て(笑)。「うぬぼれー」って呼ばれるんだよ?。長瀬くんがそう呼ばれて返事しているところを想像するだけですでに半笑いのワタシでございます…。

 TOKIO長瀬智也(31)がTBS系「うぬぼれ刑事(でか)」(7月スタート、金曜・後10時)で脚本家・宮藤官九郎(39)と約5年ぶりにタッグを組むことが19日、発表された。同局系「池袋ウエストゲートパーク」「タイガー&ドラゴン」などで人気を集めた名コンビの復活。宮藤が約7年前から構想を温めていた自信作で、長瀬は超恋愛体質で毎回、犯人に一目ぼれしてしまう独身刑事を演じる。
 名コンビが戻ってくる。長瀬と宮藤がドラマでタッグを組むのは00年4月クールの「池袋ウエストゲートパーク」(平均視聴率14・9%)、05年4月クールの「タイガー&ドラゴン」(平均視聴率12・8%)以来、5年ぶり3度目となる。
 ファン待望の新作は1話完結の刑事モノだ。とは言っても、そこは宮藤の脚本。いわゆる勧善懲悪な刑事ドラマとは一線を画す。約7年前にタイトルを思いついたという宮藤は「絶対に面白い」と企画書を練り、ドラマ化にこぎ着けた。刑事を題材にした作品は初挑戦となる。
 長瀬が演じるのは、仲間から「うぬぼれ」と呼ばれる30歳の独身刑事。超恋愛体質で、うぬぼれやすく、毎回、犯人(女性)に一目ぼれしてしまう。悩んだ末に逮捕状と婚姻届を用意し、「結婚してくれるなら逮捕しない」とプロポーズ。それでもダメなら「そこをなんとか」と手錠と婚約指輪を差し出す。でも結局、犯人は逮捕される方を選び失恋。泣きながら手錠をかける―。
 過去2作のドラマを振り返った長瀬は「この血が騒ぐ感じ! いつもこんな感じだったなとつくづく思いました。何かを生み出してやろうという気持ちがレッドゾーンを振り切るんです」。6月上旬のクランクインを前に「キャラクターに魂をねじり込むことにすべてをかけてやるつもりです」と燃えている。
 共演は生田斗真中島美嘉ら。長瀬が恋をする犯人役には10〜60代の豪華女優陣が毎回ゲストで登場する。演出も担当する宮藤は「うぬぼれ脚本家にならないように気をつけます」と出来栄えに自信を見せている。(スポーツ報知)

追記:他共演者情報。「うぬぼれ5」てw。もう待ちきれまへんっっ。

 物語は、長瀬と生田斗真(25)、要潤(29)、矢作兼(38)、坂東三津五郎(54)の通称「うぬぼれ5」によるコミカルな会話と、犯人に迫るサスペンスが交互に転換しながら進行する。ヒロインは中島美嘉(27)。うぬぼれの元恋人で、うぬぼれの相棒刑事(荒川良々=36)の妻を演じる。(中日スポーツ