読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

『クレオパトラな女たち』第3話まで

 いいよ、いい。このドラマ地味に面白いデスぜ。主人公・峯太郎(佐藤隆太)を含め、キャスト皆がそれぞれ「毒」を持っていて、人間関係がちょっと複雑な感じがいい。心底善人ってのがいないのもいいなぁ。
 内容も結構変化球あって予定調和じゃないし、価値観や善悪の押しつけもないから、見終わった後ちょっと心に引っかかる感じもいいなぁ。余韻が残るっていうか。
 峯太郎が好きになれない。それが良いのよね。ひねくれているし、でもなんか単純だし、正面切って「いい人」じゃないところ。
 そして、そんな峯太郎を側で見守っている(?)裕(綾野剛)の存在感がハンパ無いですね。彼の峯太郎を見るあの優しいまなざしと、側にいるときの佇まいが素敵すぎる。
 そして、現実に打ちのめされている峯太郎を救う言葉がたまりません。決してお説教でもなく、正論をぶつけるわけでもないのに、裕の言葉は心にストレートに響いてくるんだよねぇ。
 この「裕」の存在は実は何なんだろう。峯太郎を含む登場人物たちの中で、唯一の良心的なスタンスなのかしらん?。
 裕がゲイだと知っている峯太郎。峯太郎は裕の気持ちをわかっていながら同居している…んだよね…?。この3話目で「あの子の気持ちも俺の気持ちも傷つけたんだ」と裕が言って、峯太郎が反省していたから、やはり知っているんだろうなぁとは思ったんだけど、裕の気持ちを受け入れないで同居しているってこと?。ううむ…わからん。