読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

SMAPのこと、とか

SMAP 日々

 何度もつぶやいてるけど大事なことなので。ここにきてもワタシはまだ諦めてない。怒りは大量にあるけど諦めてない。いやー不思議だ。自分の中のこの揺るぎなさはなんだろう…ただのおバカなのかもしれんが(笑)。

 そりゃーなんでこんなことになってるのか知りたいよ。事務所やメディアの非道さも世間に知ってもらいたいよ。だけど酷い仕打ちを受けているSMAPがここにきても何も語らない・語ることができないのは、真実を言ったらいろいろなところに迷惑がかかるからだと思ってて、それは家族だったり局だったりスタッフだったり後輩くんたちだったりするんじゃないかなと。だからみんなで(ここ大事)申し合わせて何も語らないのではないかな、なんて思ってる。

 今年1月18日の公開処刑後の日記にはこう書いた

これって実は、頭脳・中居くん発案による、メンバーたちとの検討に検討を重ねた策なんじゃないか?って思えてきた。今のまま、マスコミの発表のまま時が流れたら「5人が空中分解する」という木村くんの言葉は確かにそうで、何か事を起こさなければならない。それも個別ではなく5人で。だから事務所に「謝る」というカタチを取って、生放送で現状を世間に見せる方法を考えた。結果「SMAP解散」よりも「公開処刑」「事務所酷すぎ」の声の方が大きくなる。その声が大きくなれば、八方ふさがりだった彼らも少しは動きやすくなるように、と。もちろんやり方の是非はあるけれど、その方法しか無かったんじゃないかと。そう、無理矢理にでも信じようと思っている。それが正しいかどうかはわからないけれど。勝手にそう信じて、彼らが進みたい道を何の障害もなく進める日を待つことにした。今頃5人で「で、どうだった?俺」「ちょっとバレてんじゃね?ww」って言いながら飲んでいるといいなぁって思う。心からの希望だけど。 

  で、こないだのスマスマ見た後もやっぱり同じようなこと期待してる。中居くんの指折りはサヨナラじゃない。5人でまたやるよ!だと思った自分がいる。

 

  スマスマの過去映像の構成は「どうです?SMAPってこんなチームなんです。仲違い?何をバカなことを信じてるんですか?見たらわかりますよね?彼らは何か事があれば必ず自分たちの言葉で、自分たちの筆跡でファンに知らせるんですよ。だから今の状況はとても異常なんです」って何度も訴えてくるものだったのに、ラスト近くのオルゴールからは第二の公開処刑生前葬にしか見えずに、熱くなっていた気持ちが一瞬で冷めた。この温度差、フジテレビの中の人たち(現場の人と上の人)も、何かと戦ったり戦わなかったりしてるのかな、とは思った。

 それにしても、オグラさんの発言をそのまま記事にして一番大事な『番組ひとつを潰す情報』については誰も触れないしスルーってのがなぁ。闇には手を触れないのが一番ってことなんだよね。誰が一番最初に羊の首に鈴を付けに行くのか…。

  とにかく、12月31日はもう目の前で、たとえその日までに何も変わらなかったとしても、ワタシは多分諦めないと思う。またTwitterで荒れたりするかもしんないけど(笑)、こんなことで終わるSMAPじゃないと思っているワタシだよ。うむ。