読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人日和 blog

こころ踊るドラマに出会えたら幸せ!と思う、アラ還間近のプレ主婦です。

2016年1月 とりあえず見たドラマ

ドラマ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』…タイトル長っww さて、来ましたね、坂元センセ!! 今をときめく若手俳優を惜しげも無くキャスティングし、結構エグい現実を見せつけてくれるんだよね~~。ふふふふ(Mか、Mなのか)。母親を亡くした子どもが引き取られ、恩を武器に好きでもない男に嫁がせようと義父が画策、万事休すかと思ったところででっかいトラックに乗った引っ越し屋さんの王子様が助けにきてくれた…って、そんな単純な話じゃ絶対に無いわけで。Tweetもしたけれど、ラストの展開はビックリしたなー。王子様のはずだった引っ越し屋さんがいきなり消えて、一文無しの小娘が東京に一人っきり…さて、この後はどうしてどうなってアパートを借りるくらいまでになったのか。あ、友達がいる的なこと言っていたか…。群像劇、好きですのでとても楽しみです。
『わたしを離さないで』…ひぃぃぃぃぃぃ…という内容。つかみのシーンから、臓器を何度も取られて使い道が無くなったら焼かれてしまうところを見せられた視聴者は、その後は震えながら子どもたちの笑顔を見続けるわけですよね…ブルブル…。Tweetもしたけれど、春馬くんとあさみちゃんの子役、似てる子使ってるわーとか、気持ちをあっちの方に持っていかないとちょっと辛い展開でいったん止めてしまうくらいだった。おかしいなぁ…初回が鬼だった『白夜行』『女王の教室』『Mother』は頑張って耐えられたのに、ワシも歳をとったものよのぉ…(遠目)。凄い話だよ。誰かのための自分の身体。誰かに奉仕するための自分の身体なんだもん。そのためだけに育てられ教育を受けさせられる子どもたち…。それを「天使」ですと?!。校長役に麻生祐未さんキャスティングした人、わかってらっしゃるw。
『臨床犯罪学者 火村英生の推理』…そうなんですよ。窪田くんなんだよねー、せっかくの窪田くんなんだからさー…いや、もちろん次回も見るよ!!(察してください)
『家族ノカタチ』…ううーん、なんかね、登場人物たちに「興味がわかない」(!)。1話目的には、西田父さんの言っていることが正しいのかもしれないけれど、聞いててとてもウザすぎてダメ。最終的に「大介、なんで許しちゃうかなー」とか「追い出すべき」とか思ってしまい(ワタシが酷い)ww この慎吾ちゃんと樹里ちゃんの役どころはいいなぁ。「(表面的には)人に興味ない」って雰囲気がとても似合ってる。
『ちかえもん』…ファンキー時代劇、オモシロっ!!(嬉) 松尾さんの顔芸だけで1時間持つわww あれかな、キャスティングの決め手はもちろん「純喫茶アイドル」店主の顔芸見て決めたんだよね(違)楽しみなNHKドラマがまたひとつ。
『フラジャイル』…長瀬くんは格好いい。長瀬くんのスーツ姿は格好いい。長瀬くんをまた医者にしてくれてありがとうと言いたい。できれば白衣着せて(おい)とも言いたい。だがしかし。病院内部のダメ医者の描き方がありきたりでため息。長瀬くんが才能ある病理医で、最終的にダメな医者どもをたたっ切るために必要な描写なんだろうけれどもどうにもねぇ…。原作未読なんだけどそんな感じなの? まだ一話目だから同じようなことが毎回続くとは思いたくないけれども。…っていうか、書いてて思ったんだけど、別に脚本家は大げさに描いているわけでは無く、こーいう医師は実際にウヨウヨいるってこと…?(涙目)
『怪盗 山猫』…思ってたのと違った。もっとコメディ一直線なのかと思ってたら急にシリアスチックに怒鳴りまくり大会とか、振り幅ありすぎて逆に新鮮?ww 次回以降もこの調子なのかしら。そしてこの振り幅が吉と出るのか。役者・亀梨くんは好きです。でも「凄くいい」と思えた作品が少なすぎて残念でね。さて、このドラマはどうでしょうね。ちなみに「凄くいい」と思えた作品は『野ブタ。をプロデュース』と『妖怪人間ベム』だけです(非情)。
スペシャリスト』…SPの時からちゃんと見てます。ザ・テレ朝ドラマ。でも、この飄々とした草なぎくん、いいのよね。見ます。
ヒガンバナ…あれ?ワタシSPの時見たんだっけ…?「笑ってはいけない」見たからいいか(笑)。相変わらず根底には女性刑事蔑視、でも女性刑事たちの方が優秀ってパターンなのかぁ。別に反目し合わなくても事件は解決できるのにねぇ。